人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

工場の掃除のアルバイトに応募しました

ヒロヤスは、7月23日から食品加工会社の清掃員として 働いています。

勤務時間は19:00-23:00までの時間枠、 月、水、金の週3日で、

特に工場内が汚れていたら 残業にはなります。

1時間くらいなら大丈夫です、と現場の責任者に伝えています。

実は、翌朝は朝6時から配送の仕分け作業に出かけています。

そのアルバイトも、朝7時ころには終わるものの、

寝坊してはいられません。

一息ついて、今度は午前8時半頃、自営の金物店を開けています。

以前までは金物店1本で生活できていたものが、

数年前からアルバイトをするようになりました。

いわゆる“副業”ってやつですが、

パソコンを使ってネット副業もその視野に入っています。

それはともかく、今日もアルバイト奮闘記を書き始めますね。

工場の掃除のアルバイトまでの経緯

f:id:hiroyasukun:20180803123249j:plain

ヒロヤスの田舎は海沿いあり、 食品加工会社が2~3社あります。

個人の小さな加工会社はたくさんあるものの 採用の口はなかなかありません。

この工場の掃除のアルバイトに募集する 前に実は別の食品加工会社に

作業員として パートに入っていました。

そこは、お昼から夕方までの時間枠でOKと言われたので、

応募したものの、1日で辞めてしまいました。

とにかくスピードについていけません。

おばさん、おじさんに交じって作業をしていくのですが

ベルトコンベアーにのった鮭の切り身(あらかじめラップしてある) を

センサー(金属探知機)に充てて切り身に金属片が入っていないか

チェックするもの。

それを素早く行い、チェックした切り身を箱に入れる

作業を同時におこなわれなければなりません。

慣れている人でも大変な作業であることは よくわかりました。

体力に自信のあった、50代後半のヒロヤスでも 苦しむ仕事内容でした。

それが終わると、ヒロヤスだけが移動して、

今度はゴミ捨て場に行き、各職場から集まってきたゴミを 分別して

明日来るゴミ回収業業者にわかりやすいように 並べておくという仕事。

慣れてくれば良いかもしれませんが、 魚くさい環境の中で、

いつまでもいる気がしませんでしたから 。

それに、乙四を取り、第一希望のガソリンスタンド

に復帰したい希望があったので、辞める決断をしました。

職場の雰囲気は仕事内容以上に気になること

「お金になる」、「職場が気に入っている」などは

長く続くかどうかのキーポイントですよね。

仕事内容以上に気になることは、

そこで働いている 人達との人間関係です。

今回応募した工場の掃除は、すでに5日ほど働いています。

今のところ、大きなトラブル(仕事途上と人間関係の両面で) は出ていません。

比較的うるさく言われることもないので 続いています。

工場の掃除の仕事内容については後日、

詳しく書きますが、

アルバイトパートを決めるのにも 大変な思いして契約にこぎつけるわけです。

今日も今週3日目(通算6日目)の仕事が待っています。

せっかく頑張って見つけた仕事ですから、

今後、わかりませんが、長く続けたい希望はあります。

 

賃金、働く時間帯、仕事内容、職場の雰囲気と人間関係、

さまざまな要素が仕事を長続きさせる要素であることは

間違いないですから今回も

総合的に判断して長続きさせていきたいですね。

仕事の口があるがあるうちは、頑張っていこうと思います。