人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

研修期間か?それとも?

  私はここ(派遣会社)に来て2年半になる。

時間は16:15からですが、15:30に来てください 食堂で待っていますから・・・。

私の教育係、兼担当係りのMさんの言葉です。

こういった、時間外労働まがりの企業が多い気がします。

昭和の頃なら、大目に見ても、現代のようにうるさい時代に 対しては、

会社側、労働者側の 双方がくちがうるさくなっていますよね。

研修期間か?

これは研修期間だからそうするのか?

労働時間より前に出勤させるのは明らかにルール違反になるのでは?

残業代を支払わない以上、違反になりますよね。

ブラック企業というイメージがついて回ってしまいまいますよね。

そんな感情もわいてくるのですが・・・?

3日目にして早くも家族からクレーム

早めの出勤を迫られた格好のヒロヤスですが、

家をはやく出ることで、早くも家族からクレームが でました。

“研修なら賃金が発生するはず、

早く出社するなら 要求すべきだ・・・。”とね。

“会社は違えどもそんな要求するのはおかしい”、

っといった感じです。

“電話して派遣会社の担当を呼び出せ”、

まあ、私としては、技術を教えてもらう立場。

しばらくの間、仕方ないかな~、程度にしか思っていませんでした。

が、家族はそうはいきませんね。

ヒロヤスが、派遣会社の担当に電話を入れると、

“それはまずいな~”の返事。

担当者が“私からよく言っておきますよ”

そして“再度ヒロヤスさんに電話入れます”と・・・。

日勤の人の作業も見ておく

夕勤は、当然のことながら、

朝からやっている人の作業の引継ぎです。

ヒロヤスが入った夕勤の時間と、

工場見学した時に一緒に 見学したTさんが日勤で入っていました。

ヒロヤスさんと同じ時期にはいったTさんが、

“よく動きを見ておいてください”、

熱心過ぎて宗教みたい

Mさんという人は、

“.悪霊にとりつかれているように熱心だ”

“.どうかしているんじゃないか?”

“そんな熱心さに 愛想つかして辞めた人も多いのではないか?”

家族の言葉です。

今日のまとめ

いずれにしても航海でも帆を先に進めれば、

何の抵抗がありますし、 飛行機でも、乱気流で機体が揺れます。

人生、先に進もうと思えが、何らかしらの抵抗を受けることになるのです。

苦難に負けずに先に進みたいものですね。