人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

原発の賠償責任は国が負うべき、と日本経団連の米倉弘昌会長の発言

原発の賠償責任は国が負うべき、との見解を示した。

一言で、国の安全基準が甘かった、ということですが、

いままで自民党政権でしたから、野党になっても責任はあると思いますよ。

自民党も。




地位のある方が、公式んい見解を示すことは良い事だと思います。

原発が引き起こした風評被害の責任は、特に国に責任があると思いますよ。

日本経団連会長も言っていますが、国の安全基準が甘い、ということに尽きると思います。

自民党がやってきたことの延長戦じょう

私としては、一般人としてさまざまな意見がありますが、



この記事について、

東電がどこまで賠償責任を負うべきか?


が興味がありましたね。

責任は果たせなければ、国が保障することになりそうだが

賠償額は大変な金額になるでしょう。

結局、税金

風評被害も出て、広がりを見せている原発問題ですが、

多くの評論家が、天災が招いた人災、との見解






経団連会長、「原発賠償は国の責任」 東電国有化論は一蹴
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110411/bsg1104111900002-n1.htm

原子力損害賠償法には
・天災、内乱は国が保障すると書いてある。全面支援は当然
・国の安全基準が甘かった、との認識を示す。
東電国有化は否定、民間事業者として国が全面支援の方向。
・政治家が東電国有化、という言葉を使っただけで株価下落した、と非難。
放射能風評被害について「もっと正しい情報を発信すべき。
・ばあいによってWTO世界貿易機関)に提訴すべきだ、と述べる。