人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

雇用形態はアルバイト火木土のシフト 自営業者の副業

昨年9月以来約半年、アルバイト先のM製作所が不況、
親会社からの注文激減している状況でした。

ヒロヤスの雇用形態は、
本業もあるので、1日おきの火木土のシフトアルバイトでした。

ここでは、“MC旋盤オペレーター”いわゆる、
鋼材(定形寸法にカットされた丸棒)を機械にセットする仕事。
M製作所は、社長を含めて8人の小さな町工場。

日曜日は休日。
土曜日も本来は、工場は動いたいたものの、社員を交代で2人休ませている。


しかも勤務時間も、通常20:00まで仕事をしていた工場でしたが、
社員も18:30とか18:00とか早く帰るようになって、
心配はしていた矢先のクビ宣告。

土曜日は18:00終了になり、
いよいよクビが近いのかな?と予想はいていました。

■4月からガソリンスタンド(フルサービス)に決定

 自営業もあるので、バイト先を選ぶのには、
時間的枠の制限がどうしても出てきます。

自営業者の副業Wワークは意外に選ぶに苦労します。
収入の問題もあるのでね。要はお金を稼ぎたいから働くのです。

ネット収入も少額で、どうしてもアルバイトに頼らざるをえない状況。
そんな中以前、経験から、再びガソリンスタンドに仕事を求め、
面接を受けて採用になりました。

しかし今度はフルサービス。セルフと違い、
仕事を覚える量が多く悪戦苦闘の日々です。


M製作所に行っていたと同じ、「火木土の14:00-19:00」の5時間。
ここのスタンドは19:00閉店で早く終わるために、
その点では良いのですが、とにかく疲労度が半端ない。

■まとめ--自営業者の副業は難しい

ヒロヤスは長く自営業をしていいたために、
外で働いた経験は、学生時代のアルバイトしかありません。
外で働くことは、まずは仕事を覚えることから始めるために、
“なかなか覚えられず苦戦”しています。

中年おっさんの自営業者の副業、アルバイトは難しいですね。

ガソリンスタンドは接客商売。
面白い記事が書けそうなので、何かエピソードがあれば紹介しますね。

犯人らしき人物の顔は?防犯カメラの死角


我が家に刑事がやってきた。

なんでも昨年5月に近所の家が全焼した事件を調べているらしい。

私が容疑者ではないことは明らかですが(笑い)


■犯人らしき人物の顔は?

防犯カメラから撮影した画像をもとに

写真作りそのうちの2枚を見せて

「この人物に心当たりはありませんか?」と

たずねてきました。

「この人は、火災が起きた住宅からまっすぐに来て、
こちらの通りに曲がって、またすぐに出てきています。

「時間午前3時過ぎ、燃えて火の手が上がっいるのにも

見向きもしません」

私は「不審と言えば不審ですね」と答えると

「もし犯人が挙がったとしても、この人物の疑いが晴れない以上、

その人を犯人として特定できないんですよ」と答えました。

「この通りに出てきたときの顔」がよく映っていない」

「死角になってちゃって2枚とも同じ人物なのに歪んでしまい

体格が体型が別人の「ように太っている。1枚目は30代くらいに

見えて2枚目は40代~50代にも見える」

「白黒の画像でしかも機械の精度もあまり良くないから仕方ないことです

が・・・」

何か情報がありましたら、C警察署まで知らせてください」

■捜査1課というのは実際にある

私が「名刺をください」というと、「私は応援でこちらに入っている

Tといいます」と名刺をもらえたが、

名刺の肩書に“捜査1課”とあった。

「へぇ~『捜査1課』って本当にあるんですね」

という、ありますよ、と言っていました。

「捨ててもいいんですけど、道ばたに落とさないでください」

■まとめ

刑事というと、以前土座衛門があがった時に

たずねてきたひとは、うさん臭い男だったが

今回たずねてきた男は、市の職員風でしたね。

公務員風といっあ感じでしょうか?

あまり刑事とか警察官とかかかわりあいたくないですね。

本音は。

 

枕を変えると健康になる 山田朱織不眠治る

  手づくりの枕で、頭痛や肩こりや不眠は治るのか?

このような症状の方はちょっとチェックしてみては いかがでしょうか?

★首の痛み・コリ

★ 頭痛

★ 猫背

★ いびき

★ 夜中に何度も目が覚める

★ 集中力や根気がない

★ 疲れがとれない

★ 昼間の居眠り

 

「玄関マット」と「タオルケット」を組み合わせて

誰でも簡単にできる方法です。

著者の整形外科医、山田朱織先生は 日本ではじめて

「枕外来を開設」した 枕先生として有名な方です。

TVにも数多く出演されたエキスパート。

本書によって、一人でも多くの方が

「ぐっすり疲れがとれる眠り」を手にいれられるとよいですね。

アルバイト先で社員Mが大けがをしました

9/7(金)に、ヒロヤスのバイト先で

社員Mが、コンベアーのチェーンに、手を巻き込まれ重症の大けがを負いまいた。

 

いつもコンベアーのチェーンは清掃のために、ゆっくりと回しています。

ゆっくり回っているチェーンだからかもしれませんが、

チェーンと歯車との間に手袋が巻き込まれ、そのまま手を

挟まれた格好という話でした。

 

作業現場は広いですから、ヒロヤスも担当場所から遠かったので

詳細は不明でしたが、血がぽたぽた床に落ちて、

指の肉がちぎれた、というほどの大けがだったそうです。

f:id:hiroyasukun:20180909191107j:plain

http://succeedtec.com/seihin/mesh.html

処置が早かったので大事には至らなかったようですが・・

大急ぎで、チームリーダーの責任者が、

救急病院に連れて行きました。

これで2人の手がなくなったわけですが、22:00近くの出来事だったため、

先週入っばかりの高校生のバイトは22:00まで。

法律で働かせてはいけないことが

決まっていますし、

高校生バイトを送っていくSさんも22:00まで。

 

また、通常のアルバイトの作業時間は23:00までのために、

仕事が時間内に終わらない緊急事態に。

 

どうやら遅くても24:30には工場の

戸締りをして帰ることが決まりのようで

従業員の1人が

事件が起こった際にアルバイトのヒロヤスとKさんに

残業を頼んできました。


仕事が終わらなかった場合は、社員が残った仕事と、

作業の後片付けを行うルール。


社員1人を残しての3人態勢、23:00まで2人が抜けた仕事を

3人でカバーするというハードな体制になってしまいました。

リーダーが帰ってきたのが23:30近く、

1時間の残業になってしまいました。

 

毎日やっている社員でも油断があった?

社員だから慣れているから大丈夫?

アルバイトだから未熟だから危険!ということは

全くありません。

同じ条件で同じ現場で働いているものとしては、

いつ自分の身に起こりうるかわからない事故なので、

気を引き締めて作業をしていく必要がありますね。

 

帰ってくるなり残業をしてくれた、メンバーの

ヒロヤスとアルバイトのKさんに礼を言った責任者のTさん。

 

社長と連絡しているのだろうが、今後の作業の内容に

変化が起こるのだろうか?

負傷をした社員Mさんの病状と同時に

気がかりな部分ですね。

続けることで形が見えてくる

ヒロヤスは、自営業の傍ら、アルバイト収入で生計の足しにしています。

今行っている工場の機械清掃の仕事は、19:00-23:00の時間枠。

 

1日働いて約4000×週3日ですから

12日ですから約5万円の金額です。

 

これまでは、本業の足しにとOKでしたが、

どうにも本業の不振が大きく、

他の曜日もアルバイトを入れたいと思い、

今日も又面接に行ってきました。

 

■いくつかアルバイトを経験して見えてきたもの

 

アルバイトをいくつか経験して分かったことがあります。

面接を受けてあわないと思い、 断ったバイト先も数ありますが、

それも経験で、数をこなすとやりたいことが見えてくるものです。

 

ガソリンスタンド、路上警備員研修(職には就かなかった)

食品工場の派遣社員、期間限定の掃除の仕事、 その傍ら、

工業用ゴム製品の内職等、 さまざまなアルバイトを経験してきました。

 

ですが、ガソリンスタンドで必要な乙四は現在、 挑戦中です。

振り返って見ると、 ある共通点が見えてきます。

 

現在の機械清掃のアルバイトでは、ホースを使ってする作業が ありますが、

ガソリンスタンドでも高圧洗浄機を使って 手洗い洗車をしましたし、

食品工場のアルバイトでも ホースを使って土間に水を流す作業がありました。

 

これらは、あとになって共通項目が見えてきたものであり、

続けていくとそうしたことに気づかされます。

■ブログにも共通する“とにかく続けること”

 

 何か行動を起こすとそれが基礎になり

方向性や 内容が形になってくる。

さきのアルバイトの体験から学んだことが、 ブログにも活きてきます。

何事も“継続は力なり”、ということが言われます。

 

ヒロヤスも他のブログで記事を書いていますが、

“ブログの継続”というテーマで文章を 書いた時にも感じたことは、

記事数をこなしていくうちに 自分の書きたいこと、

書くテーマが絞られてきます。

 

自分はこういうテーマで記事を書きたいのだな!ということが

だんだん見えてきます。

ブログは、周りが持続できないから、 書き続けるだけで、

ライバルに勝てます。 ブログが勝手にやめていきますからね。

 

つまり継続できる人は、 すでにライバルに勝っているのです。

やめていく人の例として 早い人だと「今日からブログ書きます!」

という記事を アップして終了したり、3記事くらいでストップしたりしています。

根気があって続けられる方でも1ヶ月程度、

頑張っても3ヶ月程度でネタ切れになって終了というパターンをたどります。

 

「アクセス数が伸びないからやーめた!」

「コメントが書き込まれないから、つまらない」

そういって終わりにしてしまったり、というケースですね。

こうして書き続ける人は、圧倒的に少ないわけです。

大半の人は継続して書き続けられない、

だから 継続している人は勝てるのです。

まとめ

アルバイトもブログも、共通することは“とにかく続けること”です。

続けるとで、何かあなたのパターンが見えてくる。

数をこなすとやりたいことが見えてくると思うのです。