人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

枕を変えると健康になる 山田朱織不眠治る

  手づくりの枕で、頭痛や肩こりや不眠は治るのか?

このような症状の方はちょっとチェックしてみては いかがでしょうか?

★首の痛み・コリ

★ 頭痛

★ 猫背

★ いびき

★ 夜中に何度も目が覚める

★ 集中力や根気がない

★ 疲れがとれない

★ 昼間の居眠り

 

「玄関マット」と「タオルケット」を組み合わせて

誰でも簡単にできる方法です。

著者の整形外科医、山田朱織先生は 日本ではじめて

「枕外来を開設」した 枕先生として有名な方です。

TVにも数多く出演されたエキスパート。

本書によって、一人でも多くの方が

「ぐっすり疲れがとれる眠り」を手にいれられるとよいですね。

アルバイト先で社員Mが大けがをしました

9/7(金)に、ヒロヤスのバイト先で

社員Mが、コンベアーのチェーンに、手を巻き込まれ重症の大けがを負いまいた。

 

いつもコンベアーのチェーンは清掃のために、ゆっくりと回しています。

ゆっくり回っているチェーンだからかもしれませんが、

チェーンと歯車との間に手袋が巻き込まれ、そのまま手を

挟まれた格好という話でした。

 

作業現場は広いですから、ヒロヤスも担当場所から遠かったので

詳細は不明でしたが、血がぽたぽた床に落ちて、

指の肉がちぎれた、というほどの大けがだったそうです。

f:id:hiroyasukun:20180909191107j:plain

http://succeedtec.com/seihin/mesh.html

処置が早かったので大事には至らなかったようですが・・

大急ぎで、チームリーダーの責任者が、

救急病院に連れて行きました。

これで2人の手がなくなったわけですが、22:00近くの出来事だったため、

先週入っばかりの高校生のバイトは22:00まで。

法律で働かせてはいけないことが

決まっていますし、

高校生バイトを送っていくSさんも22:00まで。

 

また、通常のアルバイトの作業時間は23:00までのために、

仕事が時間内に終わらない緊急事態に。

 

どうやら遅くても24:30には工場の

戸締りをして帰ることが決まりのようで

従業員の1人が

事件が起こった際にアルバイトのヒロヤスとKさんに

残業を頼んできました。


仕事が終わらなかった場合は、社員が残った仕事と、

作業の後片付けを行うルール。


社員1人を残しての3人態勢、23:00まで2人が抜けた仕事を

3人でカバーするというハードな体制になってしまいました。

リーダーが帰ってきたのが23:30近く、

1時間の残業になってしまいました。

 

毎日やっている社員でも油断があった?

社員だから慣れているから大丈夫?

アルバイトだから未熟だから危険!ということは

全くありません。

同じ条件で同じ現場で働いているものとしては、

いつ自分の身に起こりうるかわからない事故なので、

気を引き締めて作業をしていく必要がありますね。

 

帰ってくるなり残業をしてくれた、メンバーの

ヒロヤスとアルバイトのKさんに礼を言った責任者のTさん。

 

社長と連絡しているのだろうが、今後の作業の内容に

変化が起こるのだろうか?

負傷をした社員Mさんの病状と同時に

気がかりな部分ですね。

続けることで形が見えてくる

ヒロヤスは、自営業の傍ら、アルバイト収入で生計の足しにしています。

今行っている工場の機械清掃の仕事は、19:00-23:00の時間枠。

 

1日働いて約4000×週3日ですから

12日ですから約5万円の金額です。

 

これまでは、本業の足しにとOKでしたが、

どうにも本業の不振が大きく、

他の曜日もアルバイトを入れたいと思い、

今日も又面接に行ってきました。

 

■いくつかアルバイトを経験して見えてきたもの

 

アルバイトをいくつか経験して分かったことがあります。

面接を受けてあわないと思い、 断ったバイト先も数ありますが、

それも経験で、数をこなすとやりたいことが見えてくるものです。

 

ガソリンスタンド、路上警備員研修(職には就かなかった)

食品工場の派遣社員、期間限定の掃除の仕事、 その傍ら、

工業用ゴム製品の内職等、 さまざまなアルバイトを経験してきました。

 

ですが、ガソリンスタンドで必要な乙四は現在、 挑戦中です。

振り返って見ると、 ある共通点が見えてきます。

 

現在の機械清掃のアルバイトでは、ホースを使ってする作業が ありますが、

ガソリンスタンドでも高圧洗浄機を使って 手洗い洗車をしましたし、

食品工場のアルバイトでも ホースを使って土間に水を流す作業がありました。

 

これらは、あとになって共通項目が見えてきたものであり、

続けていくとそうしたことに気づかされます。

■ブログにも共通する“とにかく続けること”

 

 何か行動を起こすとそれが基礎になり

方向性や 内容が形になってくる。

さきのアルバイトの体験から学んだことが、 ブログにも活きてきます。

何事も“継続は力なり”、ということが言われます。

 

ヒロヤスも他のブログで記事を書いていますが、

“ブログの継続”というテーマで文章を 書いた時にも感じたことは、

記事数をこなしていくうちに 自分の書きたいこと、

書くテーマが絞られてきます。

 

自分はこういうテーマで記事を書きたいのだな!ということが

だんだん見えてきます。

ブログは、周りが持続できないから、 書き続けるだけで、

ライバルに勝てます。 ブログが勝手にやめていきますからね。

 

つまり継続できる人は、 すでにライバルに勝っているのです。

やめていく人の例として 早い人だと「今日からブログ書きます!」

という記事を アップして終了したり、3記事くらいでストップしたりしています。

根気があって続けられる方でも1ヶ月程度、

頑張っても3ヶ月程度でネタ切れになって終了というパターンをたどります。

 

「アクセス数が伸びないからやーめた!」

「コメントが書き込まれないから、つまらない」

そういって終わりにしてしまったり、というケースですね。

こうして書き続ける人は、圧倒的に少ないわけです。

大半の人は継続して書き続けられない、

だから 継続している人は勝てるのです。

まとめ

アルバイトもブログも、共通することは“とにかく続けること”です。

続けるとで、何かあなたのパターンが見えてくる。

数をこなすとやりたいことが見えてくると思うのです。

アルバイトのWワーク、本業と合わせるとトリプルになる

アルバイトのWワークを考えています。

本業と合わせるとトリプル、そしてネット事業も含めると

四つ仕事をこなしていることになりますね。

 

ヒロヤスは商店主とはいえ、いろいろな業種にチャレンジしています。

もともと、お店を閉めるのが嫌で、副業を考えていましたから

おカネと時間が合えば、どんなものにもチャレンジする気でいました。

 

現在、店を閉めてから工場の清掃の仕事をしています。

everest-y.hatenablog.com

本業の不振は予想以上で、

もう一つアルバイトを見つけないとしょうもないことになってしまいました。

■スーパー警備員に問い合わせしました。

f:id:hiroyasukun:20180805133554j:plain

 

これまで交通誘導の警備員の研修を受けて、

実際に路上警備についた時に、体すれすれを車が通る恐怖心に

耐えきれなくなり、研修最終日、いよいよ実践に働く段階で

辞めたエピソードがあります。

>>関連記事

 

everest-y.hatenablog.com



everest-y.hatenablog.com

な経験があることから、ショッピングセンターのスーパーなら

出来そうだろう、しかもカート下げがメインとあるるので

応募しました。

この募集はスーパーが行うものではなく、

警備保障会社が行うものです。

しかし、研修場所が千葉市の中心街、

ヒロヤスの自宅から、2時間以上もかかる場所なのです。

しかも研修時間は9:00-18:00で3日間、これは警備員としてうけなければ、

ならない義務で、仕方のないこと。

しかも日程は会社の都合で

連日とは限らないそうなので、

面接だけでも田舎の近隣地で、という希望もむなしく

断ることにしました。

>>忙しいサラリーマンや主婦でも合格者を多数輩出


■31日に鶏卵工場面接をうけました

f:id:hiroyasukun:20180904225842j:plain

8月31日の金曜日には鶏卵工場面接を受けてきました。

面接会場は、鶏卵工場わきの事務所らしい。

 

略図で分かずらかったために、事務所に直接電話して

担当者の携帯番号をおしえてもらい、ナビで、、と思ったが、

何せ畑のある高台で、いわゆる舗装されていない畑道。

これではナビがさほど役に立ちません。

 

目的地は建物なので載っていますが、道らしい道はありませんから

崖のようなところから車ごと落ちてしまいますよね。

注意して、あぜ道をどこまでも進んでいくと、

鶏卵工場らしき建物が見えてきました。

 

工場内も見せてもらい、ひろやすが面接していると、

面接官のスマホがひっきりなしになっていました。

道が分からないから教えてほしいという他の面接希望者からで

事務所にかけて直接面接官の携帯を教えてもらった応募者からのようです。

 

募集の掲載が8月25日、だったためにいろいろなところから電話がかかってくる。

広告チラシは広範囲で30K圏内からのさまざまなところから問い合わせがあるという。

たかが卵の工場で・・・?

今はそれだけ職がないから厳しいのでしょうね。

ここは、パック詰めを朝8時から行い、11時には終了。

 

その後高圧洗浄機で

前日下したパックを洗う仕事、さらにここまでは良いとしても、

さらにヒロヤスの仕事は、

付随業務として、車で30分の距離まで荷物を運ぶ仕事。

時給は900円とされ程高くなく

この付随業務はプラス50円つくが割が合いません。

山道しかも2トン車の貨物車で運転になれていません。

結果本業とのバランスが悪く断りました。

 

■まとめ

この日も金曜日、19:00から23:00まで工場の清掃作業の仕事が

入っていたため、ゆっくりもしていられず、

帰宅してから注文の留守電が入っていなかったかをチェックして

夕飯を取って仕事に出かけました。

この清掃作業の会社では、Wワークの人がほとんど、

建築関係の職人さんも多く、面白い人たちの集まりです。

今後随時、職場での面白エピソードも紹介できればと思っています。

では、また次回をお楽しみに!!

フリーターになったのかな?って思います

ロヤスはこのところ、本業の金物店が不振で、

臨時休業の張り紙をして、バイトに出ています。

これではWワークとは言えませんね。

シングルワークです。

先日も書いたように工場内での清掃の仕事。

これは、工場の生産、出荷が終わった段階で

ヒロヤスたちの清掃スタッフが入るために、

工場の出入り口から工員さんが出てきます。

仕事が終わる人と、これからWワークでまた仕事に入る
ヒロヤスたちは、眼に見えない壁のようなものを感じて、

なんか複雑ですね。

■本業の人の残業で影響も出てくる

こうして工場の作業員の何人かの人たちと入れ替えの際に

顔が合います。

ロッカーでもお疲れ様でした、と声をかける程度

でそれほど接点はありません。

まあ、社員と派遣といった、線引きがあるうえで、

同じ仕事をこなすといった変に人間関係

に気を遣うことは無いので、精神的に楽です。

しかも、清掃作業員同士の人間関係はいたってクリーン。

Wワークが多いため、本業がおわってからこの仕事に入るために、

本業で残業が発生すると、“遅れます~”と言って連絡してくる

人もいますね。

月曜日は、休み人が多く、ただでさえスタッフの人数が足りない

のに加えて、そんな人がいたためか、

出勤している現スタッフが大忙し。

思わぬ形で仕事を急がされました。

しかも時間枠の23:00までに終わりにいなければならない。

工場のほうも都合がありますからね。

しかも、ヒロヤスの担当は2人1組のケース洗浄機担当。

今日から新人さんが、入ったために、ヒロヤスが

その人に教える羽目に。

忙しいうえに、新人を教える仕事は時間も迫ってくるので、

なかなか精神的につらいものがあります。


■7月は4日しか働いていない

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

毎月15日は給料日。

7月は、23日から清掃の仕事がスタートしたために、

実働4日しかありません。

金額は2万円ちょっと。

副業とはいえ、これでは1か月の給料では少なすぎますよね。

まあ、8月は日数はトータル12日あるので、

5万円をちょっと欠ける金額になるのですが・・・・。


■バイトのWワークはOKしてくれるところが・・

冒頭に書きました通り、本業が休業してしまったために、

もう一つバイトを探している状況です。

バイトのWワークですね。

こちらも早く結論を出したいです。

しかし、Wワークは採用がなかなか厳しいですよ。

これはチラシの募集広告にWワークの方はNGの

項目がある場合があります。

WEBでもフリーペーパーでもそうですが、

電話して様子を聞くと、断られ、面接まで

進みません。

2つ目のアルバイト先を目指して日々奮闘中です。

このブログのカテゴリーも“フリーター”

でもおかしくない状況になってしまいました。


それまで、比較的時間の融通のきく

ガソリンスタンドでバイトをしていましたが、

石油業界も出光と昭和シェルの統合など、再編の動きが激しい世界です。


社員募集では、定年制をしくところが多く、

50歳後半に差し掛かったヒロヤスに、

募集広告は結構厳しい現実を突きつけています。

「60歳定年のため」と、記述のある募集広告が増えてきたように思いますね。


■生活が成り立っていかず苦しいが頑張るしかない

人間、食っていくためには必死で働く、生活ができないほど

落ちこんでしまっては、助ける人もいない、。

自力で這い上がる以外ない。

いろいろな思いが交錯しますが、

とにかく今日もがんばって仕事に行ってきます。