人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

やっと内職が決まりました。

自分の仕事をもってWワークで働く人生

ネットでは、働き方について様々調べました。

最終的に、ヒロヤスは、自営業とアルバイト(内職も含む)との
Wワークで働く人生 を選びました。

 

本業と副業の兼ね合いでWワークするのが一番、
自分に合っているんじゃないかと
Wワークの道を選んだのですが、

やっと内職が決まりました。

 

>>内職バイト特集 

 

内職は仕事が切れるケースが多く、無くなれば即終わり

不安定なアルバイトです。

調子のいいときは“納期指定”を強く言われましたが、

注文もすくなくなってくると、“そんなに急がなくてもいいよ”

と言われるケースが多く目立ってきます。

 

そんなんなか今年5月半、それまで、内職の仕事をもらっていたC社から

突然「仕事が無くなって今回限りで終了」を言い渡されました。

これまで、自営業と内職のWワークで突き進んでいこう、と腹を

決めていた私にとっては、かなりのショックでした。

 

個人事業主は、サラリーマンのように朝、会社に行って、

夜帰宅する、といったある意味時間に

拘束される生活に慣れていません。

また、自分でお金を稼いでいるという自負もありますから、

そのプライドは捨てきれないと思うのです。

 

しかし、ひとたび経営が軌道に乗らなくなると

もう就職でもした方がいいのかな~?

不安な気持ちで一杯になってしまうのも事実なのですね。

私も“自営の仕事だけでは、とてもやっていけない”状況に

少々焦りを感じていました。

 

5月半ばから現在7月の上旬まで、

毎日毎日、アルバイト誌や、新聞の折り込みチラシ

広告等の募集を注意深く見ては問い合わせなどをして、

試行錯誤の連続でした。


「内職ではなく、パートに出ることも視野に入れないといけないかな?」

「再び土日のバイトで、家を空けると、取引先から問い合わせの電話など

かかかってこないか心配だな!」

「下手すると、どっちも駄目になる可能性がでてくるのではないか?」

さまざま、考えが巡りましたね。

 

ところが、5月まで取引していた会社の親会社T社が募集

広告を出しているのを見つけました。

さっそく電話して内職経験があることを告げると、経験を買われ

即OKが出ました。



昨日、そのT社の人が訪れ、技術指導を受け品物を受け内職がスタートしました。

内職は単価が安く、数をこなさないとお金になりません。

やっと、商店経営と、内職、そしてネットビジネス

3本柱がそろい、いよいよ本格始動です。

これから、日々の活動をさらに充実したものに変えられるように

頑張っていきます。

また、経過報告しますね。

それでは、

絶対に稼ぐ!スクールアフィリエイト講座のお知らせ

 

絶対に稼ぎたい人のためのアフィリエイト講座

 

情報商材のような目急掛けのテクニックではありません

ワードプレスを使ったアフィリエイターからの

本格的な講義となります.

続きを読む

自営業とのWワークは両立できるのか?

 

自営業とWワークの取り組み方は


今日のテーマは、これです。
タカも、バイトが決まらない、と嘆いていてもしょうがないですから
戦略的に考えるようにしていこうと思います。


現代は、なるだけ正社員を減らして非正規雇用派遣社員
パートアルバイトに任せる傾向がありますよね。
今後も企業が生き残っていくためには、利益を上げていく手段として、
そのやり方はエスカレートしていくと思います。

 

現代は出口の見えない不景気がついづいていますね。
景気が良くなってきている、と言われている中で、
相変わらず、商売辞めた、後継者不足、
シャッターを下ろした商店のには張り紙がされていて、
「体力の限界を感じ、閉店することにしました。」「長い間、
ありがとうございました」といった文面。


後継者がいない、体力の限界を感じたから、
といった、理由で店を閉める経営者が結構います。
その後、さら地になってしまうケースも
「あれここなんだっけ?」
散歩で通りかかったおばさんの会話。


現代は就職困難な時代です。
企業は平然と首切りし、若者が就職しようにも働き口が無い
悲観的な意見が多い中、アルバイトやパートや派遣労働であれば
アルバイト誌には、けっこう働き口はあるように思います。
地域格差で田舎でアルバイトを見つけるのは、困難ですが、
あることはあります。


ただ、商店経営者が皿洗いしている、と
そんな評判は立てられたくありませんから、
バイトの種類にもよりますし、
幾ら待遇が良くても、転勤ばかりではなかなか生活が安定しませんよね。

f:id:hiroyasukun:20170707234139j:plain


タカも元ガソリンスタンド店員です。
バイトに行っているとさっそく周囲から、
陰で言われたことが耳に入りました。

・お金に困っているのかな?
・経営が上手く行ってないのかな?

とかく、自営業者でバイト・パートをしている事を知ると
そんなことを言われるものです。


しかし、働く理由は人さまざまですし
目標があってバイトをしている人もけっこういますから
必ずしもお金が目的というわけではないのです
時代は平成なのに、いつまでも終身雇用だった昭和の価値観に
とらわれていては、何もできません。


Wワークで大切なことは
本業をしっかり心のよりどころとして、確立することです。
これさえしっかりしていれば、バイト先での身分など
何も気にする必要はありません。
自分からみて、親子ほど年の差がある先輩バイト生
が、自分の上に立っていてもです。


一時的に労働力を提供して、効率よく稼がせて貰っている
分けですから、割り切るようにしましょう。
自営業が本業の人はもちろん、
バイトだけでは生活が豊かになりませんから、
自分の将来が明るくなる本業を見つけるのも
今後大切になってきますね。


自分の仕事、本業を見つけるように努力すべきです。
我慢して長くいることはないのです。
バイト・パート・派遣労働を副業と考えて、
アルバイトで生活費を稼ぎつつ、
メインになる本業が見つかれば、アルバイトは他に
移ったって良いことになりませんか?

f:id:hiroyasukun:20170707235529j:plain
週一のバイトをトリプルワークでやれるとか、

メインの本業をいかに思い描くかが

自営業とWワークを成功させるカギですね。

Wワークのアルバイトが決まりません。

ひろやすも自営の金物店の経営の傍ら、内職を始めて1年と3カ月、

4月の半ばでとうとうその仕事が終わってしまいました。

つまり仕事が無いので、これで打ち切り、というわけです。

やむを得ず、4月下旬から5月はとうとう、仕事がなく、また

自営の金物店もさっぱりで、見積の価格照会もありませんでした。

以前、ネットと新聞の折り込み広告、そしてよく駅やコンビニ

で置いてある、求人情報誌、を頼りに、アルバイト情報をぶっしょくしていました。

しかし結局、通常のアルバイトでは、Wワークで時間の制限もあるために、

マッチする案件がありません。

ひろやすの町内にも、東日本大震災で家が倒壊して、

商売を諦め、勤めに出ているTさんがいます。

ご存知の通り、アルバイトとはいえ、その方のスケジュールを見ると、

月~金曜日、の朝●●時から夕方は●●時。土日祝は休み、

年に2回の賞与あり、なんて内容の工場の袋詰め作業。

Tさんは「1日中、工場に“監禁”されて自由がないよ」、、

「60歳過ぎているから、同じ姿勢でいる作業は疲れる」、

といった愚痴がでてきます。

Tさんは、衣料品店を営んでいたのですから、

体が慣れていませんよね。

震災から6年たった今でも年齢と作業とのギャップに

苦しんでいます。

さて、話を戻して、ひろやす自身の問題ですが、

どっちか1本の仕事にしなければ

専念はできないひろやすでした。

ちなみに、ネット検索でバイトの探し方を検索していたら

1位 バイトル

2位 アルバイトEX

 

3位 ショットワークス

という紹介記事を見つけました。

1位 バイトルは、マップ機能を搭載して、ピンポイント検索が可能!だそうです。

自宅などから、マップ機能ですぐに近場でのバイトを検索でき大変便利です。

最大級の案件数で、更新頻度が毎日。

 

2位 アルバイトEXはマイナビバイト・ジョブセンス・an・バイトーク等、有名バイト求人検索メディア21社と提携しているので、

自分にぴったり合った求人を探すのに適しています。

短期・単発バイトや、日払い・週払いで人気の家電・携帯販売。

警備のアルバイト・飲食関係のアルバイト案件も豊富です。

なんといってもキャンペーン対象案件に応募し、

採用されると、祝い金が貰えるというお話です。

3位 ショットワークスは、単発・短期案件が豊富で、

ひろやすもよくここを利用します。

短期・日払いの特化サイトなので、

他のサイト求人数を誇ります。通常アルバイトがない分探しやすいですね。

社会人の再就職やWワークなども探しやすいですね。

短期・単発アルバイト案件は豊富ですし、ひろやすの目指すWワークはハードルが高い

せいか決まりませんが、社会人にとって2つ目、3っ目の職業として

注目すべき情報サイトです。

神様がバイト禁止令を出しているのか?

これまで私は、Wワークでこの苦しい現状を打開したくて、
色々なバイトの面接を受けてきました。

それもこれも、自営業での収入を補うためにもので
労働者になるつもりはない。

あくまで副業という位置づけだ。

しかし、世間では

“ひろやすさんが店を閉めて働いている”
”勤め人になった”

“商売辞めた”

と。

ご時世がそうだから仕方のないことだが、
世間では、店じまいをするのは、これまたよくある話だ。

さて、少々宗教的な意見に聞こえるかもしれないが、
物事の結果から、自らの進むべき方向性が見えてくる
のではないだろうか?

ひろやすの考えは「物事はやってみなければわからない」という主義。

あまり利口ではないやり方だが、
物事は実践してみた結果、自分に向いている向いていない
を判断する。

まずはやってみる、やってから考える。

また、やりながら考える、といった具合だ。

ひろやすのアルバイト闘争も、
ファミレス、警備員、などいろいろなところに面接に行った。

このブログでも紹介した通り、警備員には研修まで受けた。

しかし合わなかった。

合う合わないの判断はあくまで自分だが、
こうしたバイトの面接やアルバイトでガソリンスタンドへ行ったりもしたが
自営業の副業には不向きだった。

いや、それをわからせるために、あえて経験させたのだろうか?

そう思えてならない。

今回はOリングの型から外す内職バイト。

納期があり、昨日も午前2時、午前3時起きで深夜に作業をする場合が多い。

自営の仕事は、不定期でもう商売としては当てにならない。
閉店してしまおうか、とも思ったが、昔っから来てくれるお客さんや、
三代続いた店のことを
思うと、形だけ残したい気持ちになる(ひろやすが三代目)。

内職はOKだが、外に働きに出るバイト、パートは
やっるな、やっては駄目だぞ!


神様がそうさせているように思えてならない。

<a href="http://www.yhvh.jp/af_banner/redirect.php?banner_id=296&img=1&hid=220329" target="_blank"><img border="0" src="http://image.d-064.com/af_banner/image_1/296"></a>