人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

アルバイト先で社員Mが大けがをしました

9/7(金)に、ヒロヤスのバイト先で

社員Mが、コンベアーのチェーンに、手を巻き込まれ重症の大けがを負いまいた。

 

いつもコンベアーのチェーンは清掃のために、ゆっくりと回しています。

ゆっくり回っているチェーンだからかもしれませんが、

チェーンと歯車との間に手袋が巻き込まれ、そのまま手を

挟まれた格好という話でした。

 

作業現場は広いですから、ヒロヤスも担当場所から遠かったので

詳細は不明でしたが、血がぽたぽた床に落ちて、

指の肉がちぎれた、というほどの大けがだったそうです。

f:id:hiroyasukun:20180909191107j:plain

http://succeedtec.com/seihin/mesh.html

処置が早かったので大事には至らなかったようですが・・

大急ぎで、チームリーダーの責任者が、

救急病院に連れて行きました。

これで2人の手がなくなったわけですが、22:00近くの出来事だったため、

先週入っばかりの高校生のバイトは22:00まで。

法律で働かせてはいけないことが

決まっていますし、

高校生バイトを送っていくSさんも22:00まで。

 

また、通常のアルバイトの作業時間は23:00までのために、

仕事が時間内に終わらない緊急事態に。

 

どうやら遅くても24:30には工場の

戸締りをして帰ることが決まりのようで

従業員の1人が

事件が起こった際にアルバイトのヒロヤスとKさんに

残業を頼んできました。


仕事が終わらなかった場合は、社員が残った仕事と、

作業の後片付けを行うルール。


社員1人を残しての3人態勢、23:00まで2人が抜けた仕事を

3人でカバーするというハードな体制になってしまいました。

リーダーが帰ってきたのが23:30近く、

1時間の残業になってしまいました。

 

毎日やっている社員でも油断があった?

社員だから慣れているから大丈夫?

アルバイトだから未熟だから危険!ということは

全くありません。

同じ条件で同じ現場で働いているものとしては、

いつ自分の身に起こりうるかわからない事故なので、

気を引き締めて作業をしていく必要がありますね。

 

帰ってくるなり残業をしてくれた、メンバーの

ヒロヤスとアルバイトのKさんに礼を言った責任者のTさん。

 

社長と連絡しているのだろうが、今後の作業の内容に

変化が起こるのだろうか?

負傷をした社員Mさんの病状と同時に

気がかりな部分ですね。