人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

どうしてこの業界は「誇大宣伝」が好きなのか?

「お盆に入りますから、仕事はもうしていないんですよ」

「工場が止まっていますから、ヒロヤスさんにあげる仕事はありません」

「製造はお盆明けになります。おろす量は未定ですから」

「それまでの仕事のお金はちゃんと支払いますから」

ということを言われ、現在副業の内職は仕事がありません。

 

お盆前はどこでも仕事が中途半端になってしまうから
やりかけの仕事で、お盆休みに入るようなことは避けるのですよね。

ヒロヤスも、本業は建築金物店なので、職人相手の商売。
それはわかります。

が、しかし“落差おっきくね?”って言いたいですよ。
今週に入り8月7日から製造しないなんて、・・・・。

 

それまでは売上好調の乗用車、
Nボックス、プリウスのエンジンルーム内のゴム製品。
「仕事が切れることなんてありませんから」「安心してください」
と言って、1回に4ケース下した日もありました。

1シート7×7=49個、この49個から1個、1個シートから外して
15枚はいって1ケースです。

そんな矢先の工場の早めの、生産ストップに少々憤慨しています。

“やっぱり、不況で、クルマが売れないんだわね”

ほら、「エンジンルームは赤だの黄色だのいろいろな配線があるでしょ」
「その配線コードを束ねる部品ですよ」
「ヘッドライト内の電球を固定する部分に使われている部品ですよ」

こんなことを言っていたのは、人を信用させるため?だったのか?
それって詐欺でしょ?
事実、そこに使われている部品なのですから、嘘ではないのですが、
誇大宣伝が過ぎますよ。

 

この業界が、そうなのかどうか分かりませんが、
約束を守らないいい加減さがあります。

「明日回収に来ます」と言っておきながら回収に来ない。


来た時に理由を聞けば「ヒロヤスさんばっかりが取引相手ではない」

「一人のために回収には行けない。こちらもついでがなければ、いけません」

 

「それなら、はじめっからそう言えよ」と文句を言いたくなりましたね。


現実、仕事をもらっている関係上、こんな文句は言えませんが、・・・

--------------------------------------------------------------------------------------------------

この取引会社は10人ほど使っている小さな町工場。

このT社の担当者は専務(娘婿)。

ちょっと遊び心で彼にニックネームをつけました。

“ミスターライヤー (liar)”。つまり嘘つきです。

また工業用ゴム製品を扱う工場から“ラバー君”、

といった呼び名を付けました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

この“ラバー君”“ミスターライヤー (liar)”は

お盆休み開けに、今度はどんな大口をたたくのか?

興味津々です。(汗)

--------------------------------------------------------------------------------------------------