人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

やっと内職が決まりました。

自分の仕事をもってWワークで働く人生

ネットでは、働き方について様々調べました。

最終的に、ヒロヤスは、自営業とアルバイト(内職も含む)との
Wワークで働く人生 を選びました。

 

本業と副業の兼ね合いでWワークするのが一番、
自分に合っているんじゃないかと
Wワークの道を選んだのですが、

やっと内職が決まりました。

 

>>内職バイト特集 

 

内職は仕事が切れるケースが多く、無くなれば即終わり

不安定なアルバイトです。

調子のいいときは“納期指定”を強く言われましたが、

注文もすくなくなってくると、“そんなに急がなくてもいいよ”

と言われるケースが多く目立ってきます。

 

そんなんなか今年5月半、それまで、内職の仕事をもらっていたC社から

突然「仕事が無くなって今回限りで終了」を言い渡されました。

これまで、自営業と内職のWワークで突き進んでいこう、と腹を

決めていた私にとっては、かなりのショックでした。

 

個人事業主は、サラリーマンのように朝、会社に行って、

夜帰宅する、といったある意味時間に

拘束される生活に慣れていません。

また、自分でお金を稼いでいるという自負もありますから、

そのプライドは捨てきれないと思うのです。

 

しかし、ひとたび経営が軌道に乗らなくなると

もう就職でもした方がいいのかな~?

不安な気持ちで一杯になってしまうのも事実なのですね。

私も“自営の仕事だけでは、とてもやっていけない”状況に

少々焦りを感じていました。

 

5月半ばから現在7月の上旬まで、

毎日毎日、アルバイト誌や、新聞の折り込みチラシ

広告等の募集を注意深く見ては問い合わせなどをして、

試行錯誤の連続でした。


「内職ではなく、パートに出ることも視野に入れないといけないかな?」

「再び土日のバイトで、家を空けると、取引先から問い合わせの電話など

かかかってこないか心配だな!」

「下手すると、どっちも駄目になる可能性がでてくるのではないか?」

さまざま、考えが巡りましたね。

 

ところが、5月まで取引していた会社の親会社T社が募集

広告を出しているのを見つけました。

さっそく電話して内職経験があることを告げると、経験を買われ

即OKが出ました。



昨日、そのT社の人が訪れ、技術指導を受け品物を受け内職がスタートしました。

内職は単価が安く、数をこなさないとお金になりません。

やっと、商店経営と、内職、そしてネットビジネス

3本柱がそろい、いよいよ本格始動です。

これから、日々の活動をさらに充実したものに変えられるように

頑張っていきます。

また、経過報告しますね。

それでは、