人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

自営業とのWワークは両立できるのか?

 

自営業とWワークの取り組み方は


今日のテーマは、これです。
タカも、バイトが決まらない、と嘆いていてもしょうがないですから
戦略的に考えるようにしていこうと思います。

 


現代は、なるだけ正社員を減らして非正規雇用派遣社員
パートアルバイトに任せる傾向がありますよね。
今後も企業が生き残っていくためには、利益を上げていく手段として、
そのやり方はエスカレートしていくと思います。

 

現代は出口の見えない不景気がついづいていますね。
景気が良くなってきている、と言われている中で、
相変わらず、商売辞めた、後継者不足、
シャッターを下ろした商店のには張り紙がされていて、
「体力の限界を感じ、閉店することにしました。」「長い間、
ありがとうございました」といった文面。


後継者がいない、体力の限界を感じたから、
といった、理由で店を閉める経営者が結構います。
その後、さら地になってしまうケースも
「あれここなんだっけ?」
散歩で通りかかったおばさんの会話。


現代は就職困難な時代です。
企業は平然と首切りし、若者が就職しようにも働き口が無い
悲観的な意見が多い中、アルバイトやパートや派遣労働であれば
アルバイト誌には、けっこう働き口はあるように思います。
地域格差で田舎でアルバイトを見つけるのは、困難ですが、
あることはあります。


ただ、商店経営者が皿洗いしている、と
そんな評判は立てられたくありませんから、
バイトの種類にもよりますし、
幾ら待遇が良くても、転勤ばかりではなかなか生活が安定しませんよね。

f:id:hiroyasukun:20170707234139j:plain


タカも元ガソリンスタンド店員です。
バイトに行っているとさっそく周囲から、
陰で言われたことが耳に入りました。

・お金に困っているのかな?
・経営が上手く行ってないのかな?

とかく、自営業者でバイト・パートをしている事を知ると
そんなことを言われるものです。


しかし、働く理由は人さまざまですし
目標があってバイトをしている人もけっこういますから
必ずしもお金が目的というわけではないのです
時代は平成なのに、いつまでも終身雇用だった昭和の価値観に
とらわれていては、何もできません。


Wワークで大切なことは
本業をしっかり心のよりどころとして、確立することです。
これさえしっかりしていれば、バイト先での身分など
何も気にする必要はありません。
自分からみて、親子ほど年の差がある先輩バイト生
が、自分の上に立っていてもです。


一時的に労働力を提供して、効率よく稼がせて貰っている
分けですから、割り切るようにしましょう。
自営業が本業の人はもちろん、
バイトだけでは生活が豊かになりませんから、
自分の将来が明るくなる本業を見つけるのも
今後大切になってきますね。


自分の仕事、本業を見つけるように努力すべきです。
我慢して長くいることはないのです。
バイト・パート・派遣労働を副業と考えて、
アルバイトで生活費を稼ぎつつ、
メインになる本業が見つかれば、アルバイトは他に
移ったって良いことになりませんか?

f:id:hiroyasukun:20170707235529j:plain
週一のバイトをトリプルワークでやれるとか、

メインの本業をいかに思い描くかが

自営業とWワークを成功させるカギですね。

【こんな記事も読まれています】