読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

神様がバイト禁止令を出しているのか?

これまで私は、Wワークでこの苦しい現状を打開したくて、
色々なバイトの面接を受けてきました。

それもこれも、自営業での収入を補うためにもので
労働者になるつもりはない。

あくまで副業という位置づけだ。

しかし、世間では

“ひろやすさんが店を閉めて働いている”
”勤め人になった”

“商売辞めた”

と。

ご時世がそうだから仕方のないことだが、
世間では、店じまいをするのは、これまたよくある話だ。

さて、少々宗教的な意見に聞こえるかもしれないが、
物事の結果から、自らの進むべき方向性が見えてくる
のではないだろうか?

ひろやすの考えは「物事はやってみなければわからない」という主義。

あまり利口ではないやり方だが、
物事は実践してみた結果、自分に向いている向いていない
を判断する。

まずはやってみる、やってから考える。

また、やりながら考える、といった具合だ。

ひろやすのアルバイト闘争も、
ファミレス、警備員、などいろいろなところに面接に行った。

このブログでも紹介した通り、警備員には研修まで受けた。

しかし合わなかった。

合う合わないの判断はあくまで自分だが、
こうしたバイトの面接やアルバイトでガソリンスタンドへ行ったりもしたが
自営業の副業には不向きだった。

いや、それをわからせるために、あえて経験させたのだろうか?

そう思えてならない。

今回はOリングの型から外す内職バイト。

納期があり、昨日も午前2時、午前3時起きで深夜に作業をする場合が多い。

自営の仕事は、不定期でもう商売としては当てにならない。
閉店してしまおうか、とも思ったが、昔っから来てくれるお客さんや、
三代続いた店のことを
思うと、形だけ残したい気持ちになる(ひろやすが三代目)。

内職はOKだが、外に働きに出るバイト、パートは
やっるな、やっては駄目だぞ!


神様がそうさせているように思えてならない。