読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

手帳の使い方 仕事用とプライベート用は分ける?

なぜ手帳が必要なのか?

ビジネスマンのほとんどが手帳を使い、 仕事のスケジュールを管理していますよね。

・予定のチェック

・思いついたアイディアを記入

・スケジュールの打ち合わせ では、効率よく仕事ができるためには、

時間の管理が大切 になってくるのですが、

そのために手帳をうまく使いこなせると 仕事がはかどる、

少ない時間で多くのことがこなせるように なることは、

とてもうれしいことですよね。

 

 

これは、“自分をうまく使いこなす”事にも通じてきます。

自分をいかに効率よく動かせるか、ですよね。

 

 

毎日手帳に記入して、いるとスケジュールのチェック以外に

1日の自分の生活習慣、 朝何時に起きて、夜何時に寝るのか、

を管理するのにも役立ちそうです。

体調が良いときはどういうことを行った時かなど、

自分がもっとも効率的に動くためのパターンを見つけるために

手帳は役立ちます。

仕事とプライベートは分けるべき?

手帳を仕事とプライベート用で分けるべきかどうかは 人により、

向き不向きがあると思います。

 

特にコレ、といった決まりがある分けではありません。

仕事のスケジュールを書き込んでいるときに

プライベートの用事が目に飛び込んでくる のは気になるもの。

仕事がある程度決まった時間に始まり、そして終わる ような環境の人は

プライベート用にもう1冊手帳は必要でしょう。

また、現在手帳を仕事用に使っている人は、

プライベートはスマホで管理する、といった方法もありでしょう。

そうすれば2冊持っているのと同じですからね。

手帳の使い方で人生が変わる?

私もそうですが、出かける時間の30分前に

着替えをしたり など支度をするのですが、これが半分の15分でも

さほど苦にならないことが多いです。

 

じゃあ一体どれくらい前に支度を開始したらよいのか? ということになりますよね。

それは、内容にもよりますが、例えばこれから会社に 会議に出るような場合、

下調べをしますが それが最後まで気になって 遅くなってしまうことがあります。

このように、出かける用事によって、

身支度は時間がかかったりするものですから しっかり管理したいものです。