人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

神経を使う業者にうんざりした

“1ケースでもできてる~”はないでしょ。

 

ついでに寄ったとかいって、回収に来る業者には ついつい頭に来ますよね。

こちらが1日1ケースのペース、 納期は3日後とか言った約束を守って

作業をしているにもかかわらず、 平気で、

“1ケースでもできてる~”と 納品した次の日に回収に来ます。

 

それはないよな~って思いますね。

まあ、1日1ケースなのだから計算上、1ケースは、 終わっています。

しかし、そういつもいつも1ケース終わっているわけ ではありません。

時には1ケースの半分しか終わらずに 次の日になってしましますから。

 

本業の仕事も不定期だが本業は本業だ

私は、「その仕事専業にしているわけではありません」

こういいたくなります。

 

本業のお客さんからの注文の電話や、

商品の価格や納期の問い合わせで

時間を取られることもしばしば。

 

ネットでその商品を調べたりして

お客さんに書類をFAXで送信したりと、

内職は金物店の一部のスペースを

片づけて行っているために、

電話が鳴ったり、お客さんが来た場合には

途中でも作業を止めて、

金物店の店のスペース に戻ったりしています。

 

内職の仕事は、落ち着いてその仕事を “さあやるぞ”

といった感じで集中して取り組まなければ

なかなかはかどりません。

 

時間ばかりかかって、半分しか終わらない

ということになってしまいます。

 

 

Wワークは、神経を使いますよ。

また、気が付いた点を書きますね!! それでは。