人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

内職のバイトは在宅OKだが納期厳守

 

内職のアルバイトって在宅でできるのが強み

内職のアルバイトは、

外に出られない事情を抱えている人には

ありがたい仕事ですよね。

シール貼りやPCを使っての文字入力など

比較的軽作業で自宅でできるのが強みです。

“外に出られない子育て中の主婦が

家計の足しにするためにする”

というイメージがありますが、不景気の現在は

副業としての位置づけも出てきましたね。

 

>>在宅・内職のアルバイト・バイト・パート求人情報 


私の場合には、本業が建築金物店を経営している関係上、

開店してからは、店を留守にするわけにはいきません。

どうしても、在宅でできるアルバイトということになります。


※本音は自営だけでアルバイトはやりたくない。


それまでは、不景気で減った収入を補うなうために、

パート、アルバイトを考え、

ガソリンスタンドでバイトを始めたりもしました。

内職の納期厳守の理由は?  

 

以前、某新聞社の新聞配達のアルバイトも経験しました。

深夜の2時に販売店に行き、

Y新聞社の配達トラックに一緒のルートで積ませてもらっている

荷物を下す、というわけです。

営業所の店長から直接聞いた話ですが、

「トラックが事故を起こしたときなんかみんなの時間の予定が
狂っちゃうよ」

「1人の仕事のトラブルから大勢の人が迷惑するじからな~」

実感がこもっていました。


話を内職に戻しますと

内職とは、いえこれも納期というものがあります。

納期厳守の理由の一つに

仕事は関連している、ということです。

つまり、相手も内職さんが仕上げたものを、

2次加工、3次加工して製品として出荷するという

工程を踏む場合に、内職さんの出来しだいでは、

次の仕事の工程が遅れる可能性があるからです。


それは、私もOリングの製作つくりの内職をしているため、

終わりませんでした”というわけにはいきません。

したがって、納期に間に合わせるために、

深夜~明け方まで作業をすることもあります。

幸い、自営業とのWワークなので、昼間、仮眠をとることも

できますから良いですが、

本業が忙しいと、次の日の夕方ころにはさすがに

体がこたえますね。

頭はぼーっとしてくるわ、体はだるいわ、で

どうしょうもないこともあります。


どの仕事でも時間厳守、納期厳守。

守らなければ大勢の人が迷惑する

鉄板な考え方ですね。