読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

乙四、危険物の区分は1類~6類まで

固体または、液体で期待は含まれないということですね。

ここで紛らわしい問題として、水素ガス、プロパンガス
を例に挙げ、これらは危険ではないか?
ということを思わせる問題が出ること。

常温(20℃)、常圧(1気圧)で気体であるために
危険物に該当しない。

●第1類の性質は、酸化性固体で品名は、過マンガン酸塩類など

●第2類の性質は、可燃性固体で品名は、硫化りん、硫黄、マグネシウム

●第3類の性質は、自然発火性物質及び禁水性物質で、品名は、硫化りん、硫黄、マグネシウム

●第4類の性質は、引火性液体で、品名は、特殊引火物、第1~4石油類、アルコール類、動植物油類

●第5類の性質は、自己反応性物質で、品名は、ニトロ化合物

●第6類の性質は、酸化性液体で過酸化水素水、硝酸など

※代表的な危険物の品名を第何類に属するか、選ばせる問題など

<例>

1.酸化性固体・・・・過マンガン酸塩類

2.可燃性固体・・・・マグネシウム

3.自然発火性物質及び禁水性物質・・・・アルキリュウ

4.引火性液体・・・・動植物油類

5.自己反応性物質・・・・ニトロ化合物

覚えていくうちに混乱しそうな問題を作っているようだ。