人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

債務超過は即倒産ではない


シャープが、最終赤字2500億円に陥ると報道がありました。
その結果、債務超過の恐れも出てきた、と記事にはありましたが
債務超過イコール即倒産ではないということですね。

確かに、金を入れないと資金繰りができなくなりますから、
銀行などから借金をして支払などに当てる方法と
社長がお金を入れたりする方法など
債務超過を免れる方法はいくつかありますが、
シャープの場合には巨額なために、
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業から出資を受け
経営再建を進める道を選択したようですね。

それでも昨年6月に銀行から金融支援を受け、再建を目指していたが、
業績悪化が止まらないため、やむなく
今年10月までに鴻海が3888億円を出資し、
全株式の66%を握る契約を4月初めに結んだ。

・主力の液晶事業太陽電池事業の不振
スマートフォン向け液晶パネルの売れ行きが悪く、工場の稼働率が低下。
・中国で景気減速が進み、液晶テレビや白物家電などの販売不振。

もうこれ以上、
銀行はお金を貸したがらないでしょうし苦肉の策で
のり切ろうと言う考えのようでうね。


鴻海は、不振の太陽電池事業について経営から
切り離す可能性を示している、と言われています。

そもそも、シャープは液晶事業への過剰投資が原因で
経営危機に陥った模様です。

一般の人にはシャープと言えば“液晶”というイメージがありますが、
主力商品の不振では経営が傾くのは
当然のことかもしれませんね。


債務超過を解消する主な方法は
・頑張って利益を増やす
・出資者を募る

ですが、頑張って利益を出す方法がのぞましいのは
誰でもそう思いますね。

出資者を募る、と言うのは株を買って貰う方法です。

シャープの場合には、鴻海が3888億円を出資し、
全株式の66%を握る契約を4月初めに結んだ、そうですから
出資者を募る方法なのですね。