人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

軽井沢スキーバス事故で運転手に同情します。

軽井沢スキーバス事故で運転手について
いろいろ書かれていますね。

被害者だとか、なんとか。

スキーバス転落事故を起こした運転手が
派遣社員で昨年12月に採用に
なったばかりだそうです。

 「その時の面接の際、大型バスは苦手だ」と答えているにもかかわらず、

「頼みたいのは、スキーバスの運転だ」と言われ、
最終的には本人も、受け入れたそうですね。

 そこに、65歳とはいえまだまだ、働かざるを得ない

事情があるように思いますね。

年金だけの収入では、足りない。

 いろいろと事実が明らかになってきているようです。

 

今日の朝日新聞の朝刊によれば、

減速するのにニュートラルだったので
エンジンブレーキが効かない状態だったようです。

 

しかし、現場のカーブは、他の運転手に

言わせると「フットブレーキだけで十分減速できるので
何らかの理由でフットブレーキが効かなかったんじゃ
ないか」という記事が出ていました。

 高速ギアからいきなり低速ギアにはチェンジ出来ずに

一旦ニュートラルにしてからでないと
アチェンジ出来ないそうです。

 

不慣れな運転手が操作を焦って原則に失敗した
とする見方もあります。

 ただ、激突した衝撃で、

ギアがニュートラルになることも
十分考えられるので、慎重に調査を勧めるようです。

 

事件というのは、幾つものミスが重なって大事故に
つながってしまいます。

“たまたま運悪くその時は〇〇でした”
“それさえなければ、防げた事故だった”

結果的には悪いことが重なってしまう。

重体の大学生がなくなり死者は15人になりました。

何年か前にも夜行バスの事故がありましたよね。

また繰り返された結果になってしまいました。

十分に事故の検証を行い、

二度とこのような結果が起こらないように

して欲しいものです。