読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

消防法による危険物の分類 引火性の液体を示す乙4

危険物と言うと、表でいう、

消防法で定められた1〜6類までに分類された、

固体、液体を言います。

気体は含まれていません


第一類は、酸化性固体

第ニ類は、可燃性固体

第三類は、自然発火性物質及び禁水性物質(固体または液体)

第五類は、自己反応性物質(固体または液体)

第六類は、酸化性液体になります。



第四類は、「引火性の液体」を指して

特殊引火物、第1石油類、アルコール類、第2石油類、

第3石油類、第4石油類、動植物油類

に分けられます。

・特殊引火物(引火点−20℃以下)
 ジエチルエーテル
 二硫化炭素

・第1石油類(引火点21℃未満)
 アセトン
 ガソリン

・アルコール類
 メタノール
 エタノール

・第2石油類(引火点21℃以上70℃未満)
 灯油
 軽油

・第3石油類(引火点70℃以上200℃未満)
 重油
 クレオソート油

・第4石油類(引火点200℃以上250℃未満)
 ギヤー油
 シリンダー油

・動植物油類(引火点250℃未満)
 椰子(ヤシ)油
 アマニ油