人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

USBメモリ 使い方 Windows7


Windows7USBメモリにデータを

保存する使い方のご紹介です。

まずUSBメモリは外部記憶媒体です。

PCのハードディスク以外に

データを保存し、持ち運びができる

のでとても便利です、

使い方はいろいろあります。


ここでは、

1.「送る」でデータを保存する
2.「コピー」でデータを保存する

の二つをご紹介します。

まず、USBフラッシュメモリをパソコンに接続すると、

「コンピューター」の「リムーバブル記憶域があるデバイス」欄に

アイコンが追加で表示されるはずです。

データは

USBメモリに保存したいデータ(ファイル)を

右クリックし、

「送る」→「XXXXXX」(USBメモリの置かれている箇所)を

クリックし、保存します。

また「コピー」→「貼り付け」でデータを保存する方法でOKです。