人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

夏の高校野球千葉大会ベスト4激突

※現在、ベスト4が出そろった夏の高校野球千葉大会。

準決勝は、7月25日QVCマリンスタジアムで、

第一試合東海大浦安VS東海大望洋

東海大浦安は本格派のエース平川君、

対する東海大望洋は、サイドスローの宇津木君の投球術対決が見ものです。

両チームともに打力が看板なだけに、打ちあいになるか投手戦に

なるか、興味が尽きいないところです。


第二試合は専大松戸VS柏日体の対戦カードになっています。

優勝候補1番手の専大松戸

3連覇を狙う木更津総合との対戦をコールドで下し

準決勝に進出。

TV観戦し手いましたが、木更津総合のエースから

最後はセンターオーバーで8回コールド勝ち。

10対3。のスコアでした。

前半から、試合の主導権を常に握り専大松戸ペースだった。

“相手チームを寄せ付けない強いチーム”、という印象だ。



東海大浦安はベスト16で、Cシード習志野と対戦。

前半戦は互角の展開。

しかし、じわじわと浦安が引き離しにかかる展開に

習志野は持前の粘りがいま一つだった。

ベスト8では同じくCシードの流経大柏と対戦。

この試合では、東海大浦安の長打力が光ったゲームでしたね。

少ないチャンスを、長短打でものにした印象があります。

流経大柏のピッチャーも、

決して悪かったわけではないのですが、

「チャンスを確実にものにした東海大浦安が一枚上だった」

ということになるでしょうね。

私は、東海大浦安専大松戸の二校に注目しています。

ちなみに春の大会は、決勝戦で

専大松戸東海大浦安6-0で勝利しています。
(2年ぶり2回目の優勝)

夏の高校野球千葉大会では、ベスト4まで進んでは、なみだを飲んだ専大松戸

甲子園出場が現実のものになるのでしょうか?

注目です。