読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

優勝会見拒否「白鵬」の“品格”と“帰化”問題〈週刊新潮〉

大鵬は30回目を区切りに一代年寄を認められ、現理事長の北の湖は24回の優勝で引退表明後、授与されている。歴代の名横綱に倣えば、白鵬はすでにその資格を有しているのです」(同)

 が、立ちはだかるのは“帰化”の問題。09年の日本外国特派員協会の会見で“将来は親方になりたい”と発言した白鵬でも、協会の規定では日本国籍がないと親方になれない。現状で怪我を負って引退となれば、相撲界には残れないのだ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140603-00010002-shincho-spo

・ほんとうに、どうしちゃったのでしょうか?
舞の海発言が、白鵬を怒らせている、と報道がありました。
・誤報だったとも言われています。
・その後、記者会見拒否の真相は明らかにされていません。
・理事長も白鵬の心中を察してか、多くをコメントしていません。
ツイッターなどでは、「トップゆえの悩み」と白鵬をかばう発言がありました。
・日本を嫌いにならないでくださいね」といったファンの暖かいコメントもありました。
・親方として、引退後、相撲界に残って欲しいものです。