人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

原貢さん死去、原監督の父…2校で甲子園優勝

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140531-00050201-yom-spo

佐賀県出身。社会人野球の選手だった23歳で三池工高(福岡)の監督に就任。1965年の全国高校選手権で初出場初優勝を果たし、石炭産業の斜陽化が暗い影を落としていた炭鉱の町に明るい話題を与えた。

 70年夏には東海大相模高で、監督として2度目の全国制覇を達成。その後は2度にわたって東海大の監督を務め、大学球界有数の強豪に鍛え上げた。選手育成にも定評があり、多くの教え子をプロ球界に送り出した。現在は東海大名誉顧問として、系列校を含めた野球部の指導にあたっていた。

・1965年の甲子園全国優勝、この時の決勝の相手が銚子商(千葉代表)だ。
・木樽、阿天坊を擁し、伝説となった銚子商の準優勝だった。
・その後、銚子商は1974年の選手権大会で優勝することになる。
・その前年、銚子商作新学院の江川投手を2回戦で倒している。
・その勢いでの優勝だった、とNHKが特集番組を組んでいたことがあったっけ
・なお、銚子商は、阪神淡路大震災があった年の選抜大会で準優勝している。