読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

<南シナ海衝突>ベトナム、中国領事館前で抗議デモ

・中国は、海洋進出を目論んでいる。その背景には、経済成長8%の目標がある。
・現在、7.5%だそうだが、達成されないと、国内の失業問題が大きくなってくる。
・そこで、海洋資源東シナ海尖閣問題、
南シナ海には石油、天然ガスといった資源がある。
南シナ海は、香港、中国、台湾、フィリピン、ブルネイ、マレーシア、ベトナム
インドネシアに囲まれた海域の名称。
南沙諸島スプラトリー諸島)などをめぐっては7カ国が領有権を主張
西沙諸島パラセル諸島)については、
中華人民共和国中華民国(台湾)、ベトナムの3ヵ国が領有権を主張している。
・中国とベトナムトンキン湾、マレーシアとベトナムはタイ湾、
マレーシアとフィリピンは東ボルネオ沖を巡って排他的経済水域を主張している。
東シナ海
・日本と中国の間では尖閣諸島問題のほか東シナ海ガス田問題に絡んで経済水域の設定に争いがある。
また、韓国と中国の間でも蘇岩礁にからみ争いがある。