人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

慰安婦像撤去求め、GAHTが提訴、市側は争う姿勢

カリフォルニア州グレンデール市に、
建てられた慰安婦像をめぐって
地元の日系住民らで作るNPO法人
「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」が
撤去を求め訴訟を同州の連邦地裁に起こした。


 像のそばに設置された
「日本軍が強制連行して性奴隷にした20万人の婦女子が慰安婦に…」
と書かれたプレートからも分かるように、
韓国側の主張する歴史が“事実”であるかのように
独り歩きしている様子が浮かぶ。


証拠を検証した物ではなく、
韓国の主張のままなのはいただけない。

 
裁判の狙いは、米国の司法によって検証されれば、
韓国側のあいまいさをあぶり出す
ことが出来うるという思惑がある。


裁判は長期化も予想されるが、
原告側関係者は
「われわれの主張や説明もそれだけじっくりできる」と
話している。