読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

たとえ、それまでどんなに長距離砲だったとしても

高校野球で、4番を打っていた選手がプロではどうか?


かつて、ヤクルトに在籍していた土橋勝征

高校3年の夏は千葉県大会決勝で、

飯田哲也を擁する拓大紅陵高校に敗れ

甲子園出場を逃した。

その土橋は、1大会5本塁打は、現在も千葉県大会の1大会最多本塁打記録である。

それほど長打力のある選手でも、プロでは極端にバットを短く持った。


彼の場合は、極端にバットを短く持って

野手の間を抜く打法だ。


辻発彦も土橋とおなじタイプだ。。


社会人野球の古豪・日本通運で4番を打ち

ドラフト2位で西武に入団。

バットを短く持ち、

インコースでも右方向に、ゴロを打てる技術を磨き

3年目でセカンドのレギュラーを獲得した。


入団前姿からは想像もできない

二人のプレースタイルだ。



そのままの打撃スタイルを貫く人も多いのですが、

プロで飯を食っていく以上

自分の生きていく道を見つけるのも大切なことだ。