読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

プロレスラー武藤敬司のW-1旗揚げに関して

私は、プロレスファンです。

全日本プロレスジャイアント馬場が率いていた時代、
新日本プロレスアントニオ猪木が率いていた時代からのファンです。


それぞれ日本テレビテレビ朝日(当時はNETテレビと言っていた)が
放送権を持ち、放送していました。

馬場の弟子のジャンボ鶴田の活躍、
猪木の方は、藤波、長州といった選手が活躍
していた頃です。

懐かしいのですが、最近のプロレスはとてもつまらなく感じてなりません。

プロレス人気は下火になった原因は、
団体の数が多過ぎることではないでしょうか?

ネット上でも、こうした意見が目に付きます。

確かに
全日本から三沢光晴がノアを立ち上げ、独立。
抜けた全日本に新日本出身の武藤敬司
がやってきて、社長に就任しました。

その武藤も昨年「レッスルワン」を立ち上げ、
何人かのスター選手が武藤の旗揚げに
参加したました。

そのことを、最近になって知りました。

私の気持ちは、残念でなりません。



サムライTVなど、お金をはらって見るテレビに契約していない私は

武藤選手のファイトをチバテレビの放送でしか見られません。


しかし、チバテレビは、何ヶ月が前の試合を放送するのですが、
“見られないよりはマシ”と思って我慢していました。

いちいち、お目当ての選手だけを見るために、チケット買って
見に行ったり、TV契約したりと
そんなにお金は使えまえんよね?


よほどの格闘技ファン、プロレスファンならともかく、
もう少しファンのことを考えて欲しいものです。

団体が違ってしまえば、見たいカードがなかなか見られない、
とったことも起こります。
で結局は
ファンが離れていく。
といった流れになってしまうのも当然だと思います。

一つの団体にとは言いませんが、この数の多さは

何とかしてもらいたいと思います。