読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

巨人が悩む「人的補償」FA選手は欲しいけど...




苦悩するG原監督 有望株のFA補償流出ジレンマ 相手球団には“宝の山”

FA宣言した広島・大嶽寛投手や、
西武の片岡選手獲得を目指す巨人。

日本一奪回が急務であるから、
熱が入るのも当然ですけど、FAで獲得した選手が、
期待通り活躍するわけではないので、そこが難しいところ。

逆に、放出した選手が、
他球団に移ってから、
ある程度、もしくは、それ以上の
活躍を見せると、放出した球団は赤っ恥をかく。

仮に、大竹や、片岡が巨人が獲得した場合、

プロテクトした28選手以外の選手を放出しなかればならない。
同じリーグ同士なら、来季に放出した選手が大活躍し、大いに巨人を苦しめうことに
なってしまったら、

「まいど、おおきに」といったところで、他球団は喜ぶわけだ。

人的補償とは、FA選手の旧所属球団が
獲得球団から、外国人選手と獲得球団が
プロテクトする28人を除外した
中から1選手を獲得することができるものだ。

巨人の編成担当者の一人は
「プロテクト名簿作りは本当に難しい」と頭を抱え、
選手も戦々恐々である。
実際、一昨年オフに村田の人的補償で横浜DeNAへ
移籍した藤井は新天地で先発の一角を占め、
昨季7勝、今季も6勝を挙げた。