人生一発逆転の発想法-Wワークで勝利を目指す

自営の金物店とアルバイトのWワーク人生を綴っていきます。

Wワークのアルバイトが決まりません。

ひろやすも自営の金物店の経営の傍ら、内職を始めて1年と3カ月、

4月の半ばでとうとうその仕事が終わってしまいました。

つまり仕事が無いので、これで打ち切り、というわけです。

続きを読む

神様がバイト禁止令を出しているのか?

これまで私は、Wワークでこの苦しい現状を打開したくて、
色々なバイトの面接を受けてきました。

それもこれも、自営業での収入を補うためにもので
労働者になるつもりはない。

あくまで副業という位置づけだ。

続きを読む

手帳の使い方 仕事用とプライベート用は分ける?

なぜ手帳が必要なのか?

ビジネスマンのほとんどが手帳を使い、 仕事のスケジュールを管理していますよね。

・予定のチェック

・思いついたアイディアを記入

・スケジュールの打ち合わせ では、効率よく仕事ができるためには、

時間の管理が大切 になってくるのですが、

そのために手帳をうまく使いこなせると 仕事がはかどる、

少ない時間で多くのことがこなせるように なることは、

とてもうれしいことですよね。

続きを読む

内職の在宅ワークで副業、注意することとは?

時間に縛られない利点

在宅ワークの 副業の最大の利点は、
時間に縛られない事だと思います。

私の内職のパッキン外しの作業も、
3月からスタートして7か月が過ぎ、8か月目に突入。

何とか納期を守り、続いています。

軌道に乗ってほしいと心からそう思います。


私の場合には変な“ジンクス”というものがあるようです。

それまで、ガソリンスタンドのアルバイトも
7か月目がやま場を迎え、辞めることになってしまいました。

これは、高校生アルバイトの突然辞め、
店長がシフト表作成に窮してきました。

結局、午後からしか出られない私を
無理に午前中に組むようになり、
それを見た私も、自営とのWワークとの関係上
「来られません」と断る始末。

結局、やむなく辞めることになりました。

最もガソリンスタンドで働く目的は
第一にお金、ですが、働いたことによって
何らかの次のステップにつながればよい
と思ったからです。

ガソリンスタンド業界に
ずっといようとは思っていませんでしたから。

人によって考え方はそれぞれあると思いますが、
アルバイトってそんなものですよね?!

Wワークの場合には時間が自由に
ならないとやっていけません。

在宅ワークで副業を選んだのも、
そんな理由からです。

外に出て働けない事情があるからですね。

このご時世、いつ仕事がなくなるか、
神経をとがらせておかねば
ならないことも事実あるのですが、
本業の金物店の仕事がはっきりしない以上、
副業で活路を見出す以外ありませんものね。

注意することとは先にお金を要求されること

在宅ワークで最も注意することが、先にお金を要求されることです。

登録料、研修料などの名目で、先に支払いを求める

在宅ワーク詐欺」です。

これらは、本当に多いんですよ。

実は私も経験があります。

メールアドレスと電話番号は、

仮登録はしてしまいましたが、

本登録はしなかったのでスタートせずに

良かったです。

それは、商品を購入して

販売する手口の在宅ワーク

手法は明かさずに儲かる、とだけ書いてあったので
どんなものか興味本位で仮登録してしまいました。

メールで指定されたURLにアクセス、

そこで初めて手法が分かりました。

その後、相手から電話がかかってきて

詳しい内容を説明されました。

商品は渡さず、お金、つまり口座間の取引で

儲ける、という手法に

私は“怪しい”と思ったからすぐに断りました。


幸い、最初の段階では物販と

書いてなかったのでそれを理由に

「サイトでは物販と書いてなかったのでやめます」と逃げました。

電話の相手はしぶしぶ諦めましたが、

のちにその業者がお客とのトラブルを、

起こしたニュースが報道されたので

“危なかったな”と胸をなでおろしました。

スマホでも作業可能とあるが・・

在宅、内職というと外に出られない環境の子育て中の
主婦や介護を理由に離職し、家を空けれれない人、
がやるバイトというイメージがありますが、
最近ではスマホを使ってバイトをするいわゆる「スキマバイト」
も人気があるようです。

学生の場合には、授業や他の掛け持ちのバイトの合間など、
外にいて作業ができるので人気だとか。

子育て中の主婦でも、在宅介護中でも買い物に出かけたり
する場合もあるはずです。

スマホを使って行う掛け持ちバイトは

とても便利ですね。

深夜放送のラジオ番組で勇気をもらう

深夜放送を聞きながらの内職作業

納期に間に合わせるために、

週2~3日は深夜2時頃からの内職作業をしています。

早朝6:00からは、地元地方新聞の配達もしているために、

どうしても5:50までには作業を終えなければなりません。

そんな自営業(金物店)とのWワーク生活を強いられています。


大変な生活ですよね。


もっとも、自営業がヒマで、昼間は仮眠をとったり休憩する

時間が多くあるので体はその間に休ませています。

しかし当然、前日の11:30頃にはベッドに入りますが・・・。


昼間も、自営業の傍ら作業をしているので、

作業の進み具合によっては、深夜2時からでなく、

深夜3時スタートだったり4時頃だったりします。

一番作業をしたのは、1時半から6時ころまで。

 

さすがにその後の新聞配達がきつい。

目がしょぼしょぼして、自分でも何やってんだか、

わけわかんなかんなくなりました(笑い)。


おかげでその日は、そのあと、

店を開けるのが1時間ほど遅くしました。

8時半開店を9時半にしてしまいました(汗)。


いずれにしても深夜は2時間くらいは作業することに

なってしまいました。

以前にも書きました内職作業は、Oリングの型外しの仕事です。

 

ところで、世の中には、こんな深夜の時間から働いている人がいます。


HIROYASUは千葉なので、作業中イヤホンでBAY-FMの放送をよく聞いています。

何曜日だったか、この深夜時間にリスナーからの電話トークのコナーがありますが、

トラック運転手が荷物を運んでいる途中、コンビニに寄って

そこからかけている人だったり、

今日は休みでとか、これから仕事です、なんて人もいますね。

人は勇気、励ましを送っている

トラック運転手は、食品だったり、工事現場の足場の配達だったりと

さまざまですが、大変な仕事です。

しかし、こんな時間から仕事している人の(働いている人がいるのは頭ではわかっているが)生の声って励まされますよね。

 

会社勤めの方も上司との人間関係や、お客とのトラブルなど神経をすり減らす

事が多く大変でしょうけど、こんな時間から働いている人の声を聴けて、

私自身、内職で納期を迫られ大変な思いも吹っ飛びます。


人は何気ない会話でも“励まし”を送っているのだな、とつくづく実感しましたね。